検索

【書籍出版】暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」を出版しました



教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは、人気メディア「あたらしい経済」を運営する幻冬舎より、「暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」」を出版しました。


グローバルに拡大する暗号資産・ブロックチェーンの世界を知るには、英語力が欠かせません。専門的な用語も数多く登場するこの業界を知るために、techtecのコンテンツ力と幻冬舎の編集力を結集し、この一冊に凝縮しました。


今回の書籍では、英単語の学習に加えて最適な英語学習方法についても紹介しています。忙しい毎日の中で、どうすれば効率よく英語力を身につけることができるのか、併せてご覧ください。


11月19日より発売、本日から予約開始となります。



書籍の紹介

  • 書籍名:暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」

  • 著者:株式会社techtec

  • 出版元:株式会社幻冬舎

  • 金額:330円(税込)

  • 形式:電子書籍

  • 発売日:2021年11月19日(予約販売:11月12日~)

  • 予約・購入はこちら


機関投資家や大手企業の参入で価格が上昇するビットコイン、コンテンツに新たな価値をもたらすNFTブーム、DeFi(分散型金融)という新たな金融市場の誕生など、盛り上がりをみせる暗号資産(仮想通貨)/ブロックチェーン業界。そして投資のための情報収集や、この業界で働くために必要なのは、ズバリ「英語力」です。


これまで暗号資産/ブロックチェーン学習サービス「PoL」や英語学習サービスを手掛けてきたtechtecが、これだけは学んでおきたい頻出英単語と、英語学習のノウハウを本書にまとめました。


本書で紹介する英単語は、数百以上のブロックチェーンプロジェクトのホワイトペーパーからテキストマイニングで抽出した頻出単語600語です。そしてこの単語帳を活用して、業界特化型の英語力を短期間で身に付ける学習法も紹介します。


ぜひ英語力を効率よく高め、インターネットの次の革命と言われる暗号資産/ブロックチェーン領域への理解を深めましょう。




PoLでは、ブロックチェーン業界に特化した英語学習のコーチングサービスを提供しています。ブロックチェーン業界で実際に使われている英語を元に作成した独自教材に加え、経験豊富なトレーナー陣によるマンツーマンコーチングを受けることができます。


「最短・最速・最効率」を掲げ、忙しい現代パーソンにとって本当に必要な英語力の習得にフォーカスし、徹底的にサポートしていきます。


書籍出版を記念して、受講者全員に「暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」」を無料でプレゼントしています。まずはお気軽に無料カウンセリングへお申し込みください!




暗号資産・ブロックチェーン業界でライターになる

PoLでは、暗号資産・ブロックチェーン業界に特化したライター育成サービスを提供しています。暗号資産・ブロックチェーン業界では、まだまだライターが不足しています。専門的な分野であるだけでなく変化のスピードが非常に早いため、ライティングの依頼も一部の人に集中している状況です。


PoLのライターコースでは、業界初の記事執筆保証付きマンツーマン学習を提供しています。「暗号資産」「ブロックチェーン」「SEO」「ライティング」についてオンラインカリキュラムで学習することができるだけでなく、実際にメディアで記事を執筆することで実績をつけることができます。

まずはお気軽に無料説明会へお申し込みください!

ライターコースはこちら



次世代技術ブロックチェーンをあなたの会社にも

PoL(ポル)は、”学習するほどトークンがもらえる”暗号資産・ブロックチェーンのオンライン学習サービスです。 学習することで獲得できる「PoLトークン」は、ライターコースや英語コースの受講、学習証明書の発行などで使用することができます。学習するほどさらなる学習機会にアクセスできる、そんな学習歴社会の実現に向けてブロックチェーンを活用していきます。

また長年培ってきた運用実績を元に、企業のブロックチェーン事業の立ち上げ・学習環境の整備をサポートする「PoL Enterprise」も提供中です。

2020年8月には、経済産業省の主導する2020年度IT導入補助金制度における「IT導入支援事業者」に、PoL Enterpriseが暗号資産・ブロックチェーン関連サービスとして初めて認定されました。

PoL Enterpriseはこちら

関連記事

すべて表示