検索

オンライン学習サービスPoL(ポル)、NFTバッチを発行できる新機能を公開。NFTバッチで実現するトークングラフとは?



教育分野でのブロックチェーン活用を進める株式会社techtecは、オンライン学習サービス「PoL(ポル)」のカリキュラム学習後に「NFTバッチ」を発行できる機能を追加しました。併せて、NFTバッチを使ったトークングラフの概念実証に取り組みます。



NFTバッチの対象カリキュラム

今回の新機能では、以下のカリキュラムを対象にそれぞれ異なるオリジナルのNFTバッチを発行することができます。

  • Bitcoin- BTC

  • Ethereum - ETH

  • MakerDAO - MKR/DAI

  • Avalanche - AVAX

  • Algorand - ALGO

なお、上記以外のカリキュラム(Kyber Network、Brave、Celo、Bitcoin Cash)に関しても今後対応予定となっています。



NFTバッチについて

今回NFTとして発行されるバッチには、「バッチタイプ」と「リボンタイプ」が用意されています。発行されるNFTは、メタマスクなどのイーサリアム対応ウォレットで表示することも可能です。


メタマスクに表示した際のイメージ

今回スタートするNFTバッチの試みでは、NFTバッチの保有者にのみ限定情報が提供されたり、有料コースの割引特典が提供されたりといった活用例が考えられます。PoLでは、NFTを単純な売買対象と捉えず、権利や証明の一種として認識しています。


具体的な活用シーンとしては、ウォレットアドレスを入力するだけでNFTバッチを所有しているかどうかをシステムが自動判定し、所有者だけがアクセスできるサービスやコミュニティを提供するといった使い方が可能です。また、NFTバッチの所有者にのみトークンをエアドロップする、という試みもわかりやすいのではないでしょうか。


今年の3月には、カリキュラムの受講証明書をNFTで発行する取り組みを開始し、すでに多くの方々がNFT修了証を発行・所有しています。

受講修了証をNFTで発行、オンライン学習サービスPoLが学習履歴をNFTで証明へ

将来的には、NFTを使ったトークングラフの概念実証にも取り組む予定です。なお、NFTバッチの発行手順や発行に必要な要素については、各カリキュラムをご確認ください。



トークングラフとは

「トークングラフ」とは、トークンを使うことで保有者の趣味嗜好を特定する仕組みのことです。これまで、「ソーシャルグラフ」や「インタレストグラフ」といったワードがマーケティングの概念として提唱されてきました。


トークングラフは、Web3.0における新たな概念です。ソーシャルグラフが文字通りSNSでの活動などを元に、Web上の関係性を表しているのに対して、トークングラフは、トークンの所有者(厳密には人間ではなくウォレットアドレスになります)同士の関係性を表します。


昨今は「メタバース」という言葉で急速に広がりましたが、今後、我々はより一層デジタル空間で過ごす時間が多くなります。デジタル空間・バーチャル空間では、現実世界の情報を必ずしも持っていく必要はありません。むしろ、完全に切り離したいと考える人が多く出てくるはずです。


そんな世界で重要になるのが、「Identifier(識別子)」です(Identityではない点に注意です)。メタバース空間を中心に広がるWeb3.0の世界では、Identifierとしてウォレットアドレスが使われることが予想されます。


NFTは必ず、いずれかのウォレットアドレスに紐付きます。そして、NFTをトラッキングすることでウォレットアドレスを特定し、そのウォレットアドレスに紐付く他のNFTやユーティリティトークンを知ることも可能です。


このように、トークンを軸にウォレットアドレス同士の結びつき・関係性を表現したものをトークングラフといいます。トークングラフは現時点で日本国内はもちろん、世界中でも取り組みがほとんどありません。


PoLでは、NFTバッチを使ってトークングラフの概念実証を行い、何かしらのアウトプットを出していきたいと思っています。



暗号資産・ブロックチェーン業界でライターになる

PoLでは、暗号資産・ブロックチェーン業界に特化したライター育成サービスを提供しています。暗号資産・ブロックチェーン業界では、まだまだライターが不足しています。専門的な分野であるだけでなく変化のスピードが非常に早いため、ライティングの依頼も一部の人に集中している状況です。


PoLのライターコースでは、業界初の記事執筆保証付きマンツーマン学習を提供しています。「暗号資産」「ブロックチェーン」「SEO」「ライティング」についてオンラインカリキュラムで学習することができるだけでなく、実際にメディアで記事を執筆することで実績をつけることができます。

まずはお気軽に無料説明会へお申し込みください!

ライターコースはこちら


最短・最速で効率良く英語力を身に付ける

PoLでは、ブロックチェーン業界に特化した英語学習のコーチングサービスを提供しています。ブロックチェーン業界で実際に使われている英語を元に作成した独自教材に加え、経験豊富なトレーナー陣によるマンツーマンコーチングを受けることができます。


「最短・最速・最効率」を掲げ、忙しい現代パーソンにとって本当に必要な英語力の習得にフォーカスし、徹底的にサポートしていきます。

まずはお気軽に無料カウンセリングへお申し込みください!

英語コースはこちら


次世代技術ブロックチェーンをあなたの会社にも

PoL(ポル)は、”学習するほどトークンがもらえる”暗号資産・ブロックチェーンのオンライン学習サービスです。 学習することで獲得できる「PoLトークン」は、ライターコースや英語コースの受講、学習証明書の発行などで使用することができます。学習するほどさらなる学習機会にアクセスできる、そんな学習歴社会の実現に向けてブロックチェーンを活用していきます。

また長年培ってきた運用実績を元に、企業のブロックチェーン事業の立ち上げ・学習環境の整備をサポートする「PoL Enterprise」も提供中です。

2020年8月には、経済産業省の主導する2020年度IT導入補助金制度における「IT導入支援事業者」に、PoL Enterpriseが暗号資産・ブロックチェーン関連サービスとして初めて認定されました。

PoL Enterpriseはこちら